外壁塗装などの塗り方と塗装における欠陥について

外壁塗装は被塗物あっての存在で、どんな形の被塗物も被覆しなければなりません。そのためには(1)塗れること(流動すること一液体)、(2)いつまでもド口ド口しないで固まること(塗膜になること一固体)の2点が必須項目となります。  沢山の外壁塗装が製品化されていますが、一般的に理解されているのは、外壁塗装をペンキと呼ぶことと、種類で分けると1.水性か油性か、2.屋根用、床用、壁用、プラモデル用などの用途別のものがあることくらいでしょうか。外壁塗装と言う化学工業製品を開発し、適切な管理の下で塗装し、社会に貢献することが私たちの誇りです。  水性塗料も油性塗料も固化し、被膜(塗膜)を形成しなければ外壁塗装の目的を達成することができません。固化したら、全ての塗料はチョコとクッキータイプの2種類のみに分類されます。すなわち、塗膜を加熱した時、チョコのように流動するものと、クッキーのように流動しないものとに分類されます。この違いが生じる原因は何でしょうか?  液体が固体になる乾燥・硬化過程において、外壁塗装が乾く間に、塗膜になる樹脂成分の分子量が増大するかしないかによってその違いは発生します。つまり、化学反応で分子量が増大する塗料はクッキーになるし、化学反応しない(分子量不変)塗料はチョコになるのです。化粧品のネイルエナメルはチョコタイプの塗料です。速乾性で、容易に溶剤で除去できることが特徴です。屋根用の塗料には耐候性が必要ですから、丈夫な膜になるクッキータイプがお薦めです。ほとんどの水性塗料は塗膜になるポリマーが水中に粒子として分散しており、粒子同士の融着により連続した塗膜になります。