外壁塗装などを使用する際、VOC削減には粉体塗料が有効か

VOCの観点から理想的なもう一つの塗料が粉体塗料だと考えられます。固体樹脂に顔料や添加剤を分散・混合した塗料で、硬化剤に用いるブロック剤(硬化剤を安定化する物質)や低分子 成分が焼付け時に揮発すると言ったことを除くと、基本的にVOCゼ口の塗料だと言われています。  熱硬化性粉体塗料にはエポキシ樹脂系、エポキシ/ポリエステル樹脂系、ポリエステル樹脂系、アクリル樹指系粉体塗料があります。前者2つは一般金属用途に、後者2つは屋外使用の金属製品に用いられます。樹脂、硬化剤の選択には塗膜の性能のみでなく、粒子の凝集(軟化点)への配慮が必要です。最近では塗装後、110℃程度で溶融した後、紫外線硬化させる粉体塗料が開発され、木材用途にも展開されているようです。  粉体塗料を使う側の立場からすると、粉体塗料には専用の塗装ブース、塗装ガンなどの設備が必要であり、色替えが面倒であること、まだ塗膜外観性(ゆず肌)が劣ることなどの理由から、環境問題に配慮した塗料でもなかなか販売量が伸び悩んでるようです。また、供給側からは製造に手聞がかかり、色合わせが容易でなく、少量多品種生産に向かないこと、メタリック塗料、が造りにくいことなども理由としてあげられると考えられます。  しかしながら、粉体塗料は一回塗りで、厚膜塗装も可能で、強靭な膜を形成することができる材料です。こうした特性から家電、自動車部品、金属製品の多くの分野で活用されています。粉体塗料にはこの他に、ポリエチレン、フッ素樹脂、ポリアミドなどを用いた熱可塑性粉体塗料もあります。VOC削減の観点から、今後の粉体塗料の需要が期待されていると考えられます。